2006年10月31日

ハイブリッドカー、ハイブリッドでも燃費が悪い理由(後編)

まずは、前回(ハイブリッドカー、その特性)の簡単なおさらいから。

ハイブリッドカーは、アイドリングやブレーキを踏むなど、エネルギーを無駄遣いすることを防ぐ事で燃費を改善しています。つまり、高速道路など一定速度で走行している時は、燃費の改善は期待できません。

つまり、燃費を向上させるためには、効率の良いエンジンも必要です。ハイブリッドは、エネルギーを捨てる事は防げても、エネルギーを生み出す事はできません。つまり、効率よくエネルギーを生み出さなければ、うみ出したエネルギーを無駄にしなかろうと全体的な効率はあがらないという事です。

プリウスは、高効率なエンジン・軽量かつ空気抵抗の小さいボディなど、ハイブリッド以外にも様々な省エネのための技術が使われています。それによって、燃費が大変よいのです。

では、ハリアーハイブリッドやレクサスGS450hはどうでしょう。

ハリアーハイブリッドは、空気抵抗の大きなボディに通常のエンジンを搭載しています。これでは、ハイブリッドカーといえど燃費がよくなりません。

レクサスGS450hは、通常のエンジンとFR(後輪駆動)となっています。後輪にしか発電機がついていないため、効率は悪くなる傾向があります。通常、ブレーキは前輪に強くかけます。ですから、後輪でしか発電できないとなると、効率が悪くなってしまうのです。

ハリアーハイブリッドやレクサスGS450hは、燃費を改善するためというよりは、パワーアップや静粛性など、ハイブリッドの燃費以外の利点を引き出すと共に、燃費を元の車両より悪化させない事が狙いといっても差し支えないでしょう。もし、燃費の改善を本気で考えているなら、ミラーサイクルエンジン(高効率低出力エンジン)を搭載するはずです。それを用いても、プリウスは1500ccで2000cc相当のパワーと言われています。しかし、ハリアーハイブリッドは3300ccで4000cc相当を、GS450hは3500ccで4500cc相当のパワーを狙った代償として、ハイブリッドカーでありながら燃費がよくないのです。

図を用いてまとめると、次の様になります(注意:以後のグラフは、説明のために誇張してあります)。

»ハイブリッドシステム概要図

ハイブリッドカー、その特性(前編)

燃費が優れた自動車として知られるハイブリッドカー。ハイブリッドカーというと、なんとなく燃費がよく、環境への負荷も少なそうです。

伝統的なアメリカ車といえば、大きく燃費も悪い印象があります。それでは、Lexus RX400h(日本名:ハリアーハイブリッド)というトヨタのハイブリッドカー(エンジンは3300cc)とキャデラックDTS(4600cc)の燃費を比較してみましょう。キャデラックのDTSは、アメリカ合衆国の大統領専用車のベース車両として使われている自動車。燃費など、気にしているとは思えません。

レクサス RX400hとキャデラックの燃費比較
レクサス RX400hの諸元表及びキャデラックDTSの諸元表より
レクサス RX400h キャデラック DTS
注意:この表のデータは、元はマイル・ガロン表記であったものをメートル・リットル表記に変換したものです。
市街地燃費(km/l) 13.2 7.2
高速巡航燃費(km/l) 11.5 10.6

驚く事に、巡行燃費はハイブリッドカーとキャデラックが大差ないのです。実は、ハイブリッドカーはいつでも燃費がよいわけではありませんし、燃費の悪いハイブリッドカーもあるのです。

ハイブリッドカーは、何故燃費が優れているといわれるのでしょう。電気で走るから? では、その電気はどこからでてきたのでしょう。わかっているようでわかっていないハイブリッドカー、どの様な仕組みなのでしょう。ご一緒に考えてみませんか?

»ハイブリッドカーの特徴について

2006年10月20日

旧世代VS新世代よりは旧世代*新世代=超新世代の方がいい

以前から、気になっていることがあります。 大画面高画質なテレビやリアルな3DCGは、それらだけではコンシューマーにとって魅力的ではないでしょう。 勿論、物珍しさによる一時的な驚きはあるでしょうが、そんなものはすぐに飽きられてしまいます。

大画面テレビやリアルな3DCGは、コンテンツの表現力を広げるための手段に過ぎません。 ですが、大画面テレビやリアルな3DCGはそれ自体に意味があるように考えられていることが多い気がしてなりません。

iPodにしろYouTubeにしろ、再生するためのコンテンツが必要であることには変わりありません。 何が変わったのかといえば、再生する方法とコンテンツの作り手。ユーザーの好みに合わせてコンテンツを柔軟に選択できるようになり、ユーザー自身がコンテンツを作り発信するようになったということ。

メールやmixiは、会話の延長線上に存在するのではないでしょうか。 メールやmixiで行われるやり取りには、何らかのネタがあるでしょう。 ネタは、日常の中の小さなことかもしれませんし、何かのコンテンツに関することかもしれません。

先の新しいエンターテイメントは、コンテンツの供給形態や製作手法が変わったことによるものですが、従来型のコンテンツと対立するものなのでしょうか。

単品オーディオで音楽を聴くよりもiPodで聞くほうがよいと感じる人であっても、iPodのイヤホンやアンプの品質が向上することは、歓迎されるのではないでしょうか。 新聞のテレビ欄とにらめっこをした後にテレビを見ることよりも話題になった番組をYouTubeで見る事を好む人は、高画質大画面のディスプレーで新たな形態のコンテンツを楽しむことを忌み嫌うのでしょうか。

最近のヘッドフォン・イヤフォンブームは、iPodとは相関性がないのでしょうか。 圧縮の品質を向上するためのコーデックなどは、ネット配信などに柔軟に対応するためのものではないのでしょうか。

Web2.0によって、柔軟に従来型のコンテンツを入手することができるようになり、エンドユーザーがコンテンツを製作する機会は格段に増えたといえるでしょう。それは従来型のコンテンツの価値を下げるものであり、そのコンテンツの魅力を活かすためのデバイスが不要になる。 私には、最近の流れがそれらの価値がさがることを意味していることにつながるとは思えないのです。 寧ろ、従来型のコンテンツは新たな流通経路を手に入れることでより多くの人と出会うことができるのではないでしょうか。コンテンツの魅力を引き出すために生まれたデバイスは、新たなるコンテンツによって今までにはなかった価値を持つのではないでしょうか

旧世代と新世代が対立するのではなく、お互いの利点を引き出し合うことができれば、それらは新たなる次元へと昇華できるかもしれません。

2006年10月12日

Windows Live、MIMEの怪

古川さんのブログの写真が正常に表示されない問題ですが、 元MVPの方がtext/htmlと写真に対してmimeを設定している ことが原因だと仰っています。

mimeタイプというのは、ファイルの内容を指し示すものです。先のtext/htmlの場合、内容はtext(文章)であり、細かく分類すればhtml(ウェブサイトで使われる言語)ということ。 image/jpegなら、内容はimage(画像)であり、細かく分類すればjpeg(JPEGという画像の圧縮方式)だということです。

なぜ、IEでは正常に表示できるにも拘らず他のブラウザではだめなのかといいますと、 もじら組のHTMLとして表示したい場合は必ずtext/htmlで出力してくださいContent-Typeエンティティヘッダフィールドは適切なものを指定してください に書かれていますので、興味のある方は…。MIMEを実際に表示したサンプルも、文末に用意しました。 まぁ、マイクロソフトのサーバーの管理者が原因であるということです。

不思議なことに、古川さんのブログでも正常に表示できる画像と表示できない画像があるのです。 そもそも、画像をクリックして拡大しなければ表示できるわけで…。 ちょろっとみた限り、http://tk3.storage.msn.com/に保存されている画像を拡大表示する場合にはtext/htmlとなっているものの、 http://tkfiles.storage.msn.com/に保存されている画像ではimage/jpegとなっている模様。

不思議ですなぁ。あ、いや、MSNのサーバー管理者の考え方が不思議って事ですよ。

えー、ということで、Windows Liveのシステムがどうなっているのかは知りませんが、tk3とtkfilesのサーバーをエンドユーザーが使い分けることができるのでしたら、tkfiles側を用いることをお勧めします。

»MIMEのごく簡単な例

2006年10月04日

CEATEC2006レポート前段階

CEATEC JAPAN 2006にいってきたのですが、TGSに引き続き死にかけているので予告的な内容を。

xvYCCですが、はっきりいって地味に強力。鮮やかさという観点から見れば、カラースペースの変換でどうにでもなってしまいます。それが、ソニーのBRAVIAのライブカラークリエーションの方式。NTSCのソースを色領域の広いディスプレーで再生する際に、ディスプレーの性能をフルに活かそうとなるとカラースペースを相対的に変換することとなります。つまり、NTSCの赤を真っ赤に変換するようなイメージ。デモでは、カラースペースの変換によるもの(ディスプレーはBRAVIAのX1000と思われる)とxvYCC対応のディスプレー(BRAVIAのX2500)が並んでいたのですが、xvYCC対応のほうが遥かに色が自然なのです。淡い色も微妙な色も見事に再現しています。紅茶パックが映されていたのですが、X1000では蛍光色になってしまったり本来の色とは異なってしまっていたのが、X2500ではきれいに再現されていました。実物と比較しなければわからないかもしれませんが、これはとっても大切なこと。

パイオニアのPDPのフラッグシップモデルは、本当にきれい。きれいというのは、派手ということではなく、飽くまでも自然ということ。某PDPメーカーがひたすら派手なデモを行っていたこととは対照的。民生機といえど、モニターを名乗るにふさわしいものでしょう。24pの映像を72fpsで再生する技術ですが、簡単な仕組みの割には効果絶大。違和感は、かなり低減されます。

日立のSDからHDを作り出す技術は、結構頑張っているといったところ。24pを動き検出によって60pに変換する技術も発表されていましたが、これもなかなかのもの。ただ、あまりにも動きの早い部分はうまく補完されないことは残念。動き検出を用いているということしか公開されておらず、詳しいことは不明。

ビクターの超薄型リアプロは、来年の3月に向けて調整しているとのこと。販売価格も、気持ち上がる程度との事です。スクリーンは、フレネルと思しきもの。視野角その他は、問題ないレベルだと感じました。

ソニーのBDレコーダーがR/REは1層になった理由を何とか聞き出そうとしたものの、のらりくらり。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。