2006年11月19日

ハードとソフトはセットで売ろうよ…

隙を見計らって(←???)、キングダム オブ ヘブンのBDを買いにPS3を購入した店舗へといったのですが、BDは扱っていないとの事。この店、SACDプレーヤーは販売しているのに、SACDは販売していないんですよね。ハードを売ったからには、ソフトも売りましょうよ…。

昨日のネタからの続きですが、その帰りにまたも渋滞に(泣) 行きも、何故か小売店近辺が軽く詰まっていると思ったら小売店によるミニ渋滞でした。3連休でもないのに、何かあったのでしょうか。そうそう、PS3は予想通りというか売れ切れていました。やはり、2回目の出荷日だから20GB版だけとはいえ在庫があったのでしょうね。よかったです。

おまけの、PS3本体の話。ウェブブラウザは、ちゃんとアンチエイリアスがかかっていました。おかげで、Windows XPとは大違いの美しい文字。PC的用途でも、なかなかいいかも。

今後のアップデートとしては、DVDの画質向上機能やPS1タイトルの1080p出力の実装に期待。

PS1タイトルの1080p出力

劇的な画質向上は望めないでしょうが、ある程度はきれいになるかと。FF8をバックバッファ640*480(推定)で出力したことがあるのですが、キャラの顔が潰れずに見えました。FF8は、取扱説明書P.4〜5のキャラクターのグラフィックスのデータが入っていると思われますので(先の実験から推定)、PS3が頑張りさえすればあのクオリティにまで到達することは可能です。つまり、結構いけるんじゃないかって事。

2006年11月18日

禍福は糾える縄の様であることを一日で実感

液晶モニタとキーボードを新調しようと思い、屡電気屋巡りを行っておりました。本日も、それに違いありません。

MSのキーボードはタイプ感はいいものの配列がなぁ、Logicoolので良いのは見つかったものの12800円というのは…、Happy Hacking Keyboard Professionalは大変素晴らしいものの2万円超というのは…。ナナオの2410Wだかなんだかというモニタは、FRCは使っているしパネルの表面にはゴミの様な変な模様がついているうえにインターフェースも貧弱とは、Dellよりも酷いではないかなどと困っておりました(今は、三菱の26型に期待)。

商売は繁盛しているようではありますが、あまり私が好きではない某家電量販店に、フラッと立ち寄りました。他の量販店でも、ありえないとは思いつつPS3が販売されているかは確認しておりました。当然のことながら、在庫はありませんでした。しかし、先の家電量販店のゲームコーナーには、「PS3 20GB版の在庫あります。お一人様一つ限り。」等とかかれています。どうせ、書き直しを忘れているだけだろうなどと思いつつ、店員に販売していただくことは可能なのかと尋ねたところ、「60GBではなく20GBだが本当に良いのか」とのこと。叶うなら、60GBであって欲しいものですが、20GB版でもHDMIはついているのですから、私にとっては贅沢すぎる話です。

と、いうわけで、本当に買えてしまったのです。とりあえず、レジスタンスとメモリーカードリーダーを購入しました。

セットアップは、某日経のデジタルARENAでは恐ろしく大変であるかのように書かれていましたが、ゲームやDVDを見るだけであれば、言語の設定・時刻の入力・アカウント登録(デフォルトでユーザー1となっているので、変更の必要なし)程度で済んでしまいますので、PS2と大差はありません。それでも、CDDBやウェブブラウザ等の個人を特定する必要のないサービスは利用できます。私の場合は、SPDIF出力の設定やコンポーネントを1080iへの設定を行いましたが、それでも大した手間ではありません。パソコンよりも大変などと書いておりましたが、僅か数項目を選択するのみでWindowsの設定が終了するのであれば、大変ありがたいことですね。

騒音は、噂どおり静かです。サイズは、SACDプレーヤーのエントリーモデルと比べても大分小さいので、PS3をAV機器と見なすなら、決して大きすぎはしないでしょう。

ちょろっとレジスタンスをプレーした感想ですが、難しい! FPSは、DCFF7なんて生ぬるいものしかしたことがありませんし、TPSもバイオハザード1・2以来ですからねぇ。当時は、カメラなんて動かせなかったし…。5.1chサラウンドでうめき声やら銃声が聞こえてきますし、うっかりすると蜂の巣にされてリスタートしなければなりませんし、とにかく疲れたという記憶しか…。これでも、EASYを選択したんですけどね。ちゃんとFSAAがかかっているのか、ノーマルマップが使われているのか等、とても考えてることはできませんでした。キメラが…うわぁ。そうそう、音声は英語でした。演出なども手伝ってか、CGの戦争orホラー映画でも見ているような印象でした。結構、面白そうな感じです。映画好きであれば、馴染みやすいかも。

早いうちに、キングダムオブヘブンのBD版でも、買いたいです。

おっと、禍福はうんたらなんてタイトルを付けたことをすっかり忘れていました。普段であれば20分、渋滞していても40分程度で帰れる電気店から自宅への道が、異常に混雑していたので2時間もかかってしまいました。それでも、頑張って通常の距離の2〜3倍ほど迂回したのですけれど。何度方向転換をしたことか…。まさか、自宅のすぐ近くの道路が完全に麻痺するとは…。PS3をこの時期に入手できたから、この様なプチ不幸が訪れたのでしょうか。

2006年11月16日

すごいAV機器がざっくざく

ビクターは、新型のD-ILAフロントプロジェクターを発表したのですが、これがすごいことになっています。ネイティブコントラストがセットレベルで15000:1! デバイスレベルでは20000:1とのこと。電極近辺でのディスクリネーション(液晶分子の向きの乱れ)を排除したり、偏光ビームスプリッタの代わりに金属線を一定方向に細かく配列することで偏光によって経路を切り替えるようなデバイスを開発したということですので、ゴマカシは一切なし! 完全に、正攻法です。

元々、LCOSは階調表現が豊かなためか黒がコントラスト比から想像される以上に美しいと感じていたのですが、コントラスト比が15000:1までくれば、まさに画質では無敵といった感じですね。早くも、SEDが追い詰められているような気が…。純粋なるFPDでは、直視型液晶もLEDバックライトの動的制御が結構いい線にきているみたいですし。

そういえば、PS3の分解写真、すごいですね。正気とは思えない豪華さ。豪華なコンデンサ類・ノイズシールドで覆われたマザーボード・1レンズのBD/DVD/CDドライブ・巨大なヒートシンクに巨大なシロッコファンにヒートパイプ・最短距離で各部品とマザーボードを接続できる配置…cell抜きでもとんでもない製品です。なんだか、高級なAV機器とハイエンドPC(というよりはサーバー?)の間の子といった感じに。世界初かつ最先端の部品に加え、徹底した筐体設計。0を1つ付け忘れているような気が…。いくらなんでも、ここまで金を掛けてくるとは、予想外です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。