2006年06月16日

エアリスとレインの死が持つ意味の違い

エアリスもレインも、作中で亡くなった事には変わりません。しかし、それによる影響は異なります。

両者の死は、クラウドとラグナを縛りつけます。彼らは、彼女らの死が彼らに因ると考えているから。それが真実かはともかく。

エアリスの不幸の要因は語られました。しかし、レインのそれはされませんでした。

エアリスの死は、クラウドだけでなく、周囲の人をも縛ります。しかし、レインの死は、周囲の人もがラグナを縛るようにさせました。

クラウドは、アドベントチルドレンによって、エアリス(とザックス)に救われました。死の事実は変わらねど、意味は異なるのだ、と。もし、FF7ACがなかったなら、それはわからなかったでしょう。オリジナルでは、特殊な状況であった故に、死への責任を閉じたからです。特殊な状況が終わったとて、それを閉ざしたままにしうるのですから。

ラグナは、レインに救われていません。しかし、彼の息子はレインの幻影を見ます。スコールは、リノアが魔女であるという現実は変わらねど、魔女である意味は変わると(キスティスやゼル達の支えにより)知りました。

スコールにしか見えぬ幻影は、ラグナの救済を暗示するものだったのかもしれません。彼は、20年近くゆるされなかったのです。

エルオーネやキスティスたちからスコールへの愛の継承があったのですから、スコールからラグナへの愛の継承が起こるのかもしれません。
この記事へのコメント
最新の記事にコメントしたほうがわかりやすいですよね。

>エアリスもレイン
>エルオーネの立ち位置が。FF7のエアリス

エアリスとレインを対比するよりもエアリスとエルオーネを対比させたほうが、僕もすっきりしますね。

気がついたことは、冒頭に「また、会えたね」と言うところですね。ストーリー上、別に不自然なことではないのですが、オマージュなのかなぁと。

>そういえば、FF7はFF10の1000年後がイメージだった気が…。
先日のインタビューではFF7の未来のイメージがFF13らしいです。あくまでイメージという表現ですが。

勝手な予想ですが、ジェノバあたりがでてくるのかなと思っています。銅像とかで(笑)
理由は、FF7ACのエンディングの教会で、どうも孤児院化していたような気がするんですよね。あそこからFF8のような物語が始まってもおかしくないような感じだったんで。

ラグナ3人組はリミット使いますし。

>エルオーネがハインをも上回る力
エルオーネは魔女なのでしたっけ?分類不能とか思ってプレイしていたんですが、オダインに協力したような感じもあって…

>スコールだけ
セルフィも結構ぶつぶつ言っている(笑)
Posted by びふてき at 2006年06月16日 15:49
お返事が送れて、申し訳ございませんでした。

>最新の記事にコメントしたほうがわかりやすいですよね。
最新の記事でなく当該記事にしていただいても、大丈夫だと思います。

>エアリスとレインを対比するよりもエアリスとエルオーネを対比させたほうが、僕もすっきりしますね。
これは、結構難しいんですよね。エアリスとエルオーネがついになっている可能性は高いと思うのですが、正確に言うならばエルオーネとレインが対になっているような気がして。

>勝手な予想ですが、ジェノバあたりがでてくるのかなと思っています。銅像とかで(笑)
お遊びであるかもしれませんね(笑

>理由は、FF7ACのエンディングの教会で、どうも孤児院化していたような...
そういえば、FF13アギトって学園ものらしいですね。

>>エルオーネがハインをも上回る力
>エルオーネは魔女なのでしたっけ?分類不能とか思ってプレイしていたんですが...
分類不能だと思います。ハインを上回るとしたのは、ハインにもできぬ現在や過去の人間へのジャンクションが使える点においてです。アルティミシアは、エルオーネの力がなければ時間圧縮ができなかったわけですし。

>セルフィも結構ぶつぶつ言っている(笑)
あれは、系統が違うような(笑)
Posted by El Dorado at 2006年06月24日 13:15
アルティミシアの時間圧縮って、
 A(ハイン)‐B(スコール)‐C(アルティ)
上の「C」が「B」にジャンクションされて
この瞬間にスコール達が止めたのではないか。
そして「B」はジャンクションの影響で「C」を忘れ
新しい歴史「C+」になった。

過去は変えることが出来ない、
つまり、「C」より未来は時間圧縮されるので存在しないのではないか。
「C+」の未来から見ると「A‐B‐C+‐C+の未来」
となっていて、時間圧縮(ジャンクション)の影響で「C」に関係する記憶は忘れてしまったとか

まぁ、全部妄想ですが。
Posted by DEES at 2006年07月23日 02:12
DEES様。

興味深い考え方を教えていただき、ありがとうございます。

その考え方について、質問をしてもよろしいでしょうか。
アルティミシア[c]がスコール[b]にジャンクションされるとは、どういう事なのでしょうか。

そこはさておき、スコール達はジャンクションの影響でアルティミシアを忘れたために、歴史は変わった。また、本体たどるであろう歴史は時間圧縮によって存在しない。
という解釈でよろしいのでしょうか。

読解力が欠如していて、申し訳ございませんm(_ _)m
Posted by El Dorado(筆者) at 2006年07月23日 23:46
>アルティミシア[c]がスコール[b]にジャンクションされるとは

時間圧縮についての妄想は、
「時間が時間をジャンクションする」ということです
"過去が未来を"なのか"未来が過去を"なのかはわかりません
多分どっちでもない、つまり「なぞ」です。

どちらにせよ、全ての時間は"いま"になり
アルティミシアは全ての魔女の力を取り込もうとした。

アルティマニアで時間圧縮の事をイデアは、
「あらゆる他者を無と帰す恐ろしい魔法」といっている
これを「全て無かったことにする」と解釈しました。

話はそれますが、
ジャンクションは無限に出来るわけではないと予想
例:魔法は100個、このようにその器以上は無理である
アルティミシアも魔女の力の継承ために姿を変えた
時間も"いま"は"いま"なのに無理に圧縮してしまって
"いま"が薄くなってしまう。
言い換えると、ジャンクションの影響で、
私の中で"私"の存在が薄くなる。

まとめ。
時間圧縮はアルティミシアのいる未来を無かった事にした。
未来がどうなるかわからない、アルティミシアがいるかもしれない
それでも、ガーデンの先生が言っていたように
魔女が身を隠さなければならないような世の中であってはいけない。
リノアとの契約も残っているし。
これからが「俺たちの本当の戦い」ってやつだ。

まとまっていませんね。
よけいに、わけわからなくなったかもしれません。
Posted by DEEP at 2006年07月24日 23:50
DEEP 様、折角お返事を下さったのに、返信が送れて申し訳ございません。

>時間圧縮についての妄想は、
>「時間が時間をジャンクションする」ということです
>"過去が未来を"なのか"未来が過去を"なのかはわかりません
>多分どっちでもない、つまり「なぞ」です。

時間が時間をジャンクションする…今まで考えたこともありませんし、これから考えることすらなかったと思います。
非常に興味深い捉え方ですね。


>ジャンクションは無限に出来るわけではないと予想
>例:魔法は100個、このようにその器以上は無理である

これは、私も感じていました。99や255ではなくあえて100個であったのは、ゲームシステム上(プログラム上)の制限ではなくジャンクションという原理による制限とするためなのかな、と。


>アルティミシアも魔女の力の継承ために姿を変えた
>時間も"いま"は"いま"なのに無理に圧縮してしまって
>"いま"が薄くなってしまう。
>言い換えると、ジャンクションの影響で、
>私の中で"私"の存在が薄くなる。

現在には、現在という時間しか存在してはならないのに別の時間も存在する(ジャンクションする)ことによって、“本来の現在”が薄くなってしまうということでよろしいのでしょうか。
時間圧縮によって、全てを取り込むだけでなく今の存在である私が薄くなってしまうというのは、非常に斬新な解釈ですね。


>まとめ。
>時間圧縮はアルティミシアのいる未来を無かった事にした。
>未来がどうなるかわからない、アルティミシアがいるかもしれない
>それでも、ガーデンの先生が言っていたように
>魔女が身を隠さなければならないような世の中であってはいけない。
>リノアとの契約も残っているし。
>これからが「俺たちの本当の戦い」ってやつだ。

魔女の力という忌まわしき力を得てしまった以上、偏見の目だけでなく、恐るべき力の扱いなど問題は山積みですね。
製作陣の指すところのリノアとスコールの関係もこれからが大切でしょうが、“魔女の力”の物語もこれからが本当の戦いかもしれませんね。

この度は、非常に興味深い捉え方を教えていただき、ありがとうございました。
今後も、気が向いたときなどにコメントしていただければ幸いです。
Posted by El Dorado at 2006年07月28日 23:50
>現在には、現在という時間しか存在してはならないのに別の時間も存在する
>(ジャンクションする)ことによって、“本来の現在”が薄くなってしまう
>ということでよろしいのでしょうか。

そういうことです。

>時間圧縮によって、全てを取り込むだけでなく今の存在である私が薄くなってしまう

ただ、そこまでは考えていなかった。
時間のジャンクションを記憶障害や魔女の操りのようなものに喩えただけだったのに
斬新です、"今の存在である私"が薄くなってしまうというのは考えてなかったですよ。
よく考えるとラグナロクの中でダイヤは、下のように話していますしね
>個人は、連続した時間の同じ軸にはいないから、圧縮が進めば進むほど希薄な存在になるということね


基本ROMですが、考察などなど楽しみにしてます。
たまに変な事を書くかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。
Posted by DEES at 2006年07月29日 01:16
>ただ、そこまでは考えていなかった。
>時間のジャンクションを記憶障害や魔女の操りのようなものに喩えただけだったのに
>斬新です、"今の存在である私"が薄くなってしまうというのは考えてなかったですよ。
>よく考えるとラグナロクの中でダイヤは、下のように話していますしね
>>個人は、連続した時間の同じ軸にはいないから、圧縮が進めば進むほど希薄な存在になるということね

誤解だったようで、申し訳ございませんでした。

>基本ROMですが、考察などなど楽しみにしてます。
>たまに変な事を書くかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
DEES様の興味深いご意見を賜れることを楽しみにしております。
Posted by El Dorado at 2006年08月01日 00:56
コメントを書く(記事に対する質問などもこちらにお願いします)
お名前:

メールアドレス:

ウェブサイトアドレス:

コメント:

認証コード: [画像の中の文字を半角で入力してください。]
認証コード
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。