2006年09月30日

ビクター、60インチで奥行き27cmのリアプロを実現する光学エンジン作成

ビクターは、凹面ミラーを用いることで、60インチで奥行き27cmのリアプロを作れる光学エンジンを開発したとの事。壁掛けしない限り、DVDレコーダーなどの厚みの関係上40cm程度でも問題ないと感じていたのですが、薄いに越したことはありません。しかし、27cmって…本当にすごいです。

ソニーは、UHPでも広帯域な色を出せるSXRDリアプロを出しましたし、エプソンもノーマリーブラックな無機配向HTPSを出すらしいですし、今年〜来年はリアプロの豊作ですね。PS3も出ますし、なかなかいいタイミングです。

もう、レンチキュラースクリーンの低コスト化と認知度を高める以外に何もすることはありますまい(←それが一番大変なような…)と思えるような状況です。

この記事へのコメント
コメントを書く(記事に対する質問などもこちらにお願いします)
お名前:

メールアドレス:

ウェブサイトアドレス:

コメント:

認証コード: [画像の中の文字を半角で入力してください。]
認証コード
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24665312
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。