2006年10月06日

CEATEC JAPAN 2006レポート

4日にCEATEC JAPAN 2006に行ったので、そのレポートです。ソニーのBDレコーダーが1層になった理由…は流されましたが、その様な内容も…。

次の展示を見ました。

比較用画像をアップしました

xvYCC対応品と非対応品(カラースペース変換)の比較(ソニー)

xvYCC対応ディスプレーにはBRAVIAのX2500が用いられていました。xvYCC非対応ディスプレーは、他社のものかと思っていたのですが、妙に鮮やか。 トリルミナスなどのLEDバックライトに近い感覚。どうやら、xvYCC非対応ディスプレーにはBRAVIAのX1000が用いられていた模様。 ただし、ディスプレーには黒いシートが被せられていたので、確定事項ではありません。

初めて見た印象は、xvYCCの方が全体的に鮮やか。最も鮮やかな箇所は同等ですが、全体的に非対応の方が派手。 ですが、対応品は色の微妙な変化が見事に描かれていますし、拡散反射の被写体が蛍光色に見えるといった不自然さもありません。 一部の被写体は実物が展示されていたのですが、それと比べるとxvYCC非対応のディスプレーでは微妙に異なる色で表示されています。 また、全体的に鮮やかすぎる嫌いが。しかし、xvYCC対応のディスプレーは驚くほどに正確。色味も彩度も極めて正確。

xvYCC非対応のディスプレーが、通常の直視型液晶ディスプレーとは思えぬ鮮やかさだったので、スタッフに 「xvYCC非対応のディスプレーは、NTSCの信号をライブカラークリエーションに合わせて色領域を拡大していますか?」と尋ねたところ、その通りだそうです。

通常の直視型液晶ディスプレーでは、NTSCの色領域より遥かに狭いので、比較対象としては不適切だったのかもしれませんが、これではxvYCCが理解されにくい気がしてなりません。 後述するDRC-MFv2.5(BRAVIA ENGINE PRO)のデモにも共通する問題なのですが、何がすごいのかを書かなければ、誤解される危険性があります。 少なくとも、周囲の人の会話からは、xvYCC非対応の方がきれいだとか、ブラビアエンジンが搭載されていないほうがきれいなんて意見が聞こえてきました。 スーツ姿の人が大半であってもこの有様なのですから…。残念ながら、鮮やかであることの方が自然であることよりもインパクトがあるようです。

DRC-MFv2.5(ブラビアエンジンプロ)とDRC-MFv2の比較(ソニー)

ブラビアエンジンプロのデモンストレーションとなっていましたが、比較機種がBRAVIAのX1000と思われる機種であったため、DRCのデモと言って差し支えないでしょうから、現在の表記となりました。

これまた、地味なデモです。X1000と比べると、色が遥かに自然になっています。勿論、鮮やかな部分は鮮やかに、落ち着いている部分は落ち着いたままであるということです。 また、DRCならではの輪郭の美しさも向上していました。自然な色とあいまって、質感が一層向上していました。 IP変換もDRCで行うようになったためか、動きの早い部分での情報量は大幅に向上しています。おかげで、直視型液晶テレビでありながら、動きに強いのです。 それでいて、リンギング・オーバーシュートやアンダーシュートも発生させず、フォーカスを外している部分は美しいボケ味のままですから、相変わらず大したものです。 私を含めた大半の人は、DRC-MFv2.5を通した映像は1920*1080、元の映像は1440*1080と言われても信じてしまうのではないでしょうか。

DRC-MFv2と比べて十分に進化したのですから、DRC-MFv3としても差し支えなかったはずなのですが、DRCの父である近藤氏としては0.5程度の進化でしかないのでしょうか。

今後のDRCの進化からも、目が離せません。

SDからHDを作り出す技術(日立)

前後の画像を現在の画像とうまく重ねることで、解像度を向上させるというもの。 以前、インテルかどこかが携帯電話のカメラか何かを使ったデモを行っていましたが、それのリアルタイム版といったところでしょうか。 ビクターが家庭用カムコーダの静止画撮影機能で、撮影するタイミングをずらして複数毎撮影し、それらを合成することで高画素化する技術があったような気がしましたが、それと同じ考え方でしょうか。

実際に変換された画像から受けた印象は、結構好ましいものでした。解像感はグッと向上します。

検証用の画像に関しては、後ほど載せますので暫しお待ちをレポートの最後に載せてあります

24pを60pに変換する技術(日立)

24pの映像から、動きベクトルを用いた補償によって中間フレームを生成し、60pの動画を生成するというもの。MPEGなどの圧縮技術の動き検出をベースにしたのでしょうか。

ゆっくり動く映像では、驚くほどの効果がありました。正直言って、ネイティブの60pと勘違いしてしまいそう。ただし、動きの早いオブジェクトには効果はありません。

何ピクセルのブロックごとに動き検出をかけているのか質問したのですが、非公開との事。残念。 今回の映像は、シミュレーションらしいです。実用化する際には、リアルタイムで処理できるようになるとの事。 そのために、アルゴリズムの軽量化を行っているらしいです。(←これが一番大変なんじゃ…)

24pを72fpsのディスプレーで表示できるPDP(パイオニア)

地味ではありますが、効果はなかなかのもの。動きが滑らかになることは当然ながらありません。 しかし、24pを60pに変換したときの様に時間軸方向の揺らぎが発生することはないので、随分と自然になります。

書き忘れましたが、先ほどのデモはPDP-5000EXによるものです。72fps以外にも良いところはたくさんありまして、中でも特筆すべきは彩度の低い色の自然さ。 本当に美しい映像、いや、美しいのは被写体であってディスプレーのことではありません。被写体の美しさをそのまま再現しているのです。 それは、ディスプレー側で化粧(加工)をし、記憶色などといって誤魔化されたものではなく、ソース本来の美しさ。 PDP-507HXでは崩れがちな階調や色の再現とは違い、ブラウン管を髣髴とさせる自然な画像なのです。ノイズに関しても、PDP-507HXよりも随分と少なく感じました。 彩度の高い領域に関しては、大味になる傾向はあるものの、モニターを謳うだけのことはあって、誤魔化すことなくディスプレー本来の性能で勝負に出てきていることは純粋に感心せざるを得ません。

しかし、PDP独特のフリッカーだけはどうにかならないのでしょうか。これは、目が疲れます。 ついでに言うなら、507HXでは1DLPのカラーブレーキングの様な症状が発生していたことも残念です。 原理的には3DLPに近いので、カラーブレーキングなど発生しないと思っていたのですが、4倍速カラーホイールの単板DLP並にカラーブレーキングが見えてしまったことはショック。 何故見えたのか、見当もつきません。時間積分を用いているとはいえ、RGBが同時に表示されているわけで…。これは、本当になぞです。 説得力は全くありませんが、見えてしまったのです(←現時点では理由が思い浮かばない以上、オカルトの域を超えてないですね(泣) )。

超薄型リアプロ(ビクター)

ビクターの凹面ミラーによる超薄型リアプロ。ビクターの現行品と比べて、画質に関して劣るとは感じませんでした。 周辺部の輝度の落ち込みは大きめですが、PC用モニターとして使うわけではありませんから大した問題ではないでしょう。 スクリーンは、現行方同様にフレネルスクリーンと思しきもの。写真も撮影してありますので、後ほど掲載します 写真は、ポートの最後に掲載されています。

スタッフへ発売時期を質問したところ、来年の3月(春だったかも…)に販売できるように調整しているとの返答が。価格は、極僅かに上がる程度で済むとの事ですので、期待大です。 本当に、ペラペラなんですよ、このリアプロ。カベピタ設置を考慮すれば、放熱の関係でPDPと大して変わらない厚みなのではないでしょうか。

薄型リアプロ以外にも、ビクターブースではリアプロを前面に押し出していました。 残念なことは、ソースが悪すぎること。擬似輪郭が出ているソースをCEATECで流すとは、呆れてものが言えません。 色に関しても、ソニーやパイオニアのブースを見た後では不自然に感じてしまいます。ただ、それがソースによるものなのかディスプレー側の問題なのかはわかりませんが。 ビクターのD-ILAフロントプロジェクターが素晴らしいだけに、残念です。 超薄型光学系にしろD-ILAにしろ世界に誇れる日本の技術であるのに、どうしてそれを台無しにしてしまうのか、理解に苦しみます。 D-ILAや超薄型光学ブロックのエンジニアの方が不憫でなりません。

すっかり書き忘れていましたが、110インチの巨大なリアプロは、さすがに暗いです。 周囲をフードで囲ってありましたが、110インチなのですからもう少し強力なランプを搭載してもらいたいところ。 まぁ、あの大きさで230wの消費電力はかなりのインパクトがありますが。因みに、50インチクラスのリアプロ・直視型LCD・PDPの3機種での消費電力比較も行われていました。 当たり前のことながら、リアプロ>直視型LCD>PDPの順に省エネです。リアプロとPDPの明るさは、パッと見では差がわかりませんでしたので、リアプロに有利な条件ということではなさそうです。

SXRDリアプロ(ソニー)

こちらも、ビクターブースよりはマシといえど、ソースが…。ソニーのプレゼンの舞台の横にあったA2500は、1440*1080のソースであったために、輪郭がきたないったらありゃしない。 3LCDのE1000とSXRDのA2500を比較している場所でのA2500の映像は、NTSCを上回るガモットをフルに生かすためにNTSCのガモットから強引にマッピングしているためでしょうか。 聊か不自然です。xvYCCのデモのX1000の様なものです。まぁ、NTSCのカラースペースからA2500のカラースペースに絶対的な色領域を保持したままに変換したなら、 パッとしないデモになるから仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが。まぁ、A2500の色領域がかなり広いことは確認できました。 RGBどの色に関してもかなりのものが出せます。正直な感想としては、xvYCCのデモにこれを使ったほうがと感じました。 xvYCC対応のソースが現状ではないとはいえ、対応しているソースならば驚異的な美しさとなるでしょうから、絶対に対応すべきだったと思います。勿体無いことこの上ない。

SEDを見ていないのにこんなことを言うのは何ですが、SEDは原理的にブラウン管と同等のガモットになるはず。 にじみが少ないために、実際には多少はマシでしょうけれど。直視型にせよプロジェクションにせよ、液晶はバックライトやランプの改良によって色領域を拡大することができます。 これは、色の再現性を考える上では大きな強み。自発光のディスプレーには真似できません。ですから、xvYCCの様な液晶のための様な規格には、即座に対応すべきでしょう。 xvYCCがソニーのBRAVIA X2500にしか搭載されていないのか、解せません。広帯域CCFLやLEDバックライトに切り替わった暁には、対応されることを切に願います。

ソースの話が入ってしまいましたが、ディスプレーとしてみた場合の性能であれば、トリニトロンを引退させられそうなレベル。 スクリーンとラビング(後述します)のスジを改良できれば、冗談でもなんでもなくトリニトロンにお疲れ様でしたと言ってしまえるでしょう。

大した問題ではありませんが、SXRDにもHTPSほどではないにしろ垂直方向にうっすらと筋が入ります。 この筋は、恐らくラビングによるものでしょう。ラビングというのは、液晶分子の方向をそろえるために、ガラスの表面の高分子膜をこすることで、溝をつけるものらしいです。 液晶分子はその性質上、同じ方を向こうとします。 そのため、放っておいても同じ方向に並ぶのですが、外部からの力がなければ液晶分子全体がどちらを向くかは液晶分子のみぞ知るといったことになってしまいます。 これでは困るので、ガラスの表面にガイドラインとなるように溝を付けます。液晶分子は細長いので、ガイドラインにしたがってガラス表面に分子が一方向に並びます。 そうすると、他の液晶分子もそれにつられて同じ方向に並ぶので、問題解決っとなるのだとか。ですが、この溝の大きさにムラができるのでしょう。 プロジェクターの様に大写しにするとそれが目立ってしまうのです。

HTPSでは先のラビングという工程がありましたが、SXRDにもあるのかと訊ねたところ、回答しかねるとの事。非公開との事ですが、現物を見る限りラビングは行っていると思われます。 まぁ、このスジがあったところで、他のディスプレーを圧倒する品質には変わりないのですけれど。

因みに、VW100用のSXRDとA2500用のSXRDで品質が異なりはしないらしいです。 リアプロ用では、オーバースキャンの関係でエッジに細工を施しているとの事ですが、SXRDの中でも特に完成度の高いものをVW100に用いているということはないとの事。 VW100用がザックザク採れるってことは、SXRDのイールドはかなり良いのでしょうね。A2500の素晴らしいコストパフォーマンスも納得がいきます。 パネルドライバーに関しては聞き忘れましたが、VW100同様12bitなのかもしれません。

しっかし、このラビングという工程、パネルのシュリンクによって解決するどころか余計に困難になるでしょうし、コストダウンも難しいでしょう。 どうにかならないんですかね。 今までは、1つの電極のオン・オフのみで液晶分子の方向を制御していたわけですが、ガラスの表面の配向処理によるダイレクターではなく、もう1つ電極を用意するわけにはいかないのでしょうか。 要するに、うまく液晶を束縛できれば良いのですから。そうすれば、(SXRDには必要ないかもしれませんが)応答速度も上がりそうな気が。開口率の低さとコストも景気よくあがりそうですけれど(笑)

黒挿入直視型液晶ディスプレー(日立)

フリッカーがかなり目立ちます。ブラウン管やPDPなみ。 残像は、ある程度低減されていました。しかし、このフリッカーではなぁ。

倍速駆動直視型液晶ディスプレー(ビクター)

こちらは、インパルス型ではないので、フリッカーは感じられませんでした。 以前、電気店で見た際には画像が崩壊していて残像どころではありませんでしたが、今回のデモでは弊害は全く感じられませんでいた。 電気店で見た機種は、不良品だったのでしょうか…。肝心の残像低減効果は、まぁまぁと言ったところ。 詳しくは見ていないのでアレですが、120Hzよりも更に駆動周波数をあげれば、なおさらオーバードライブの精度が高まりそうですね。

BDレコーダー(ソニー)

今回の疑問は、BD-R/REが1層にとどまっていることにつきます。質問をしたのですが、のらりくらりと躱されます。 めげずに追求したところ、現時点では1層でも新たなユーザーエクスピエリエンスを提供できるので問題ないと考えているとの事。 将来的にも対応しないのかと訊ねたところ、そういうわけではないそうで。初号機は1層でも問題ないと判断したのだとか。 ハードの問題なのかソフトの問題なのか質問したのですが、その件に関しては回答しないことになっているのだとか。 ファームウェアで対応できるのなら、救いようがあるのですけれど。DLNAに対応していることは、当たり前の機能ではありますが一応評価しましょう。

松下の機種は、2層に対応しているもののDLNAに対応していないという為体。 まぁ、松下の東芝の光学ドライブには、ノートパソコンにて散々なかされた経験があるので、手を出す気にはなりませんが。 松下のドライブに入れたディスクに0.1mm(not誤植)はあろうかとおもわれる傷(最悪なことに、円周方向)を付けられたときには、卒倒するかと思いました。 爪が傷をレールにできるほどの深い傷…信じられませんでした。東芝は東芝で、太陽誘電のディスクにまともに記録できない(書いたドライブですら読めない)とか、ありえない仕様でした。 それでいて、PRINCOのメディアには難なく記録できたりする(3年たっても読めた!)あたりは、ギャグとしか思えません。…って、話がずれましたね。

BDレコーダーは、何とか間に合わせたという印象が拭いきれないものでした。これが本気だとしたら、HD DVDと仲良く轟沈してしまいますので、早いところ改良モデルを投入して頂きたい限り。

そうそう、DRCを何で積まないんだーと聞いたのですが、現時点では積んでいませんという回答。いや、そのぐらいわかってますって。 将来的にはどうかと再び問うたら、現時点では今後のチップに関しては完全に非公開、積むかもしれないし積まないかもしれない …って酷いよ、そんな回答。なぜDRCを積まないのかを聞いているのに…。 BDが1層の件でいじめたからかな(笑)

PS3(ソニー)

腰抜けな各社のBDレコーダーを尻目に頑張っております。GUIのレスポンスは、PSXをも超えているように感じられました。 WindowsであれMacであれ、ユーザーの操作にワンテンポ遅れて反応するのが常でありますが、PS3は格ゲーマニアでもストレスを感じないようなレスポンスでした。 これは、快適。早送りや一時停止も、メニューの表示も目が点になるようなレスポンス。ウェブブラウザも使ってみましたが、PCと比べて劣っている点はないでしょう。 HDMI1.3のおかげでxvYCCにも対応していることですし、PS3が一番AV機器らしいかもしれません(苦笑)

東京ゲームショーでは、実機を見ることすら困難であるほどの人気だったのに、待ち時間なしで実機を触れた事は幸運といえるでしょう。 周りの中年男性は、皆、触ることを躊躇しておりました。これが、ジェネレーションギャップというものでしょうか…。

各社のプレゼン

パイオニアは、各社のブースの音が悲惨(特にBlu-rayブースのキンキンという難聴になりそうな高音)な中、素晴らしかったです。 生演奏をスピーカーで拡大していたのですが、演奏も素晴らしければスピーカーも素晴らしいです。さすがはパイオニアといったところ。 ソニーも、素晴らしいフルデジタルアンプがあるのですから、パイオニアの様にもう少し音響にも気を配っているほうが良い気がします。 プレゼンの内容に関しては、パイオニアもソニーも特に面白い点はありません。どちらかといえば、プロフェッショナルやオタク向けではなく、一般向けといった感じ。

そういえば、パイオニアブースに小さく日本製って書いてありました。シャープへの対抗か(笑)? 産地なんてものは、品質がよければどこであってもいいんですけれどね。

パナソニックのプレゼンもちょいと覘いたのですが、デモに用いられているPDPの画質が笑ってしまうようなものでした。 コントラストのデモ機と鮮やかさのデモ機が合ったのですが、コントラストのデモ機では暗めの空に盛大な帯状のノイズが。 それだけならレベルが低いなぁと流せるのですが、そのノイズが上下に移動するのです。不覚の笑いをしかねない状況でした。 液晶陣営がプラズマテレビはこんなに画質が悪いんですよーって嫌味をしているのかと思ってしまうほどの画質でした。なーにやってんだか。

果物を用いた鮮やかさのデモに関しても、確かに鮮やかではあるのですが、敢えて表現するなら果物がペンキ塗り立てといった質感に。 パイオニアやソニーのデモを見た直後であったことを考慮しても、なんだかなぁと感じてしまったことは否めません。

まぁ、パッと見はよいので、店頭での効果を考えると、悪くはない戦略なのかもしれません。 思い出してみれば、パナソニックブースのテレビを見ている女性が「わー、すっごいきれい!!!!!」と大きな声を上げておりました。 どのような立場のお方なのかは私の知るところではありませんが…。服装はカジュアル。スーツを着たビジネスマンだらけのCEATECにしては珍しいです。 舞浜駅から態々やって来た、なんて事はないと思うのですが…。

ビクターの110インチのリアプロ

これが、噂の110インチのビクターのリアプロ。背景にある直視型液晶テレビと比較すれば、明るさの検討はつくのではないでしょうか。

ビクターの超薄型リアプロ;正面 ビクターの超薄型リアプロ;斜め

まさに、ペラペラ。視野角は、ご覧のとおり致命的なものではなく、リアプロとしては常識的なレベル。 つまり、実際に使用する場合にはほとんど問題とならないと思われます。

斜めから写している写真の中央左側にある通常の光学系のリアプロと比べても、パッと見た印象では劣るようには感じません。

日立のSDをHDに変換するテクノロジーのデモ画像;モノスコパターン 日立のSDをHDに変換するテクノロジーのデモ画像;森林上面 日立のSDをHDに変換するテクノロジーのデモ画像;紅葉した木々

日立のSDをHDに変換するデモの画像です。モノスコパターンの写真は、縮小処理は掛けず、トリミングのみを行っています。 書き忘れましたが、どの写真も露出やホワイトバランスなどをフォトレタッチソフトで触ってはいません。また、2560*1920の原画を1280*960に縮小しました。 110インチのリアプロのみ、800*600に縮小。

テストパターンの一番下のパターンを見ればわかると思いますが、解像度が向上しています。残りの2枚も、右側が加工後の画像。 パッと見でも差がわかるレベルです。

ソニーのxvYCCのデモ画像

デモの内容の関係上、カメラで撮影することはあまり意味を持ちませんが、一応。 ディスプレイ中央の花の色身がxvYCC対応ディスプレーでは落ち着いていたり、葉の色が深みのある色になっていることはお分かりいただけるでしょうか。 実際のデモでは、鳥のグラデーションはxvYCC対応品の方ではなめらかであるなど、もっと大きな違いがあります。 紅茶のパックを映したデモもあったのですが、撮り忘れてしまいました。紅茶のデモでは、色味に明らかな違いがありました。

この記事へのコメント
コメントを書く(記事に対する質問などもこちらにお願いします)
お名前:

メールアドレス:

ウェブサイトアドレス:

コメント:

認証コード: [画像の中の文字を半角で入力してください。]
認証コード
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24973965
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。