2007年03月19日

許しと体験者

FFMのハイン将軍は、妻子をファントムに殺された。 だからこそ、ファントムの根絶を心の底から願っていた。

彼は、ファントムを殺そうとした。ゼウス砲を使ったことも、バリアシティのバリアの出力を弱めたことも、彼の心に従ったにすぎない。それ以外の、何でもない。

FF7のルーファウスは、星の危機を真剣に考えていた。 だからこそ、魔晄キャノンを使った。 FF7ACにおいて、カダージュたちの処理はクラウドと協力して行われた。

ハイン将軍の計画も、ルーファウスの計画も、失敗に終わった。 彼らは、異物を武力で排除しようと試みた。

ファントムはアキによって星に還され、カダージュもエアリスによって星に還され、星痕の患者も救われた。

ハイン将軍は、ファントムに侵されていなかったが、ルーファウスは星痕の患者だった。 星痕の患者であったルーファウスは、星痕の患者を滅ぼせば事は終わると考えなかった。 ファントムに侵されていたアキは、彼らが救済されるべきと知った。

もし、星痕の患者を滅ぼしていたなら? 星痕を宿した死者の思念。それはライフストリームとともに星を巡りやがて星を侵食する… 星痕患者の死を集めたものが負のライフストリームであり、セフィロスの糧となった。 星痕の患者を滅ぼすことは、ファントムを滅ぼそうとすることと同義であろう。 身悶える精神エネルギーも、遺恨による負のライフストリームも、大差あるまい。

FF8は、どうだろうか。アルティミシアは、力によって滅ぼされた。ハインは、終わりではなくなってしまうのだろうか。

その、存在が存在し得ない結果こそが、時間の無限ループという奇妙な終わりを、永遠に終わることの無い否劇を齎したのかも知れない。

この記事へのコメント
コメントを書く(記事に対する質問などもこちらにお願いします)
お名前:

メールアドレス:

ウェブサイトアドレス:

コメント:

認証コード: [画像の中の文字を半角で入力してください。]
認証コード
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/36318734
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。