2007年09月03日

リクの魂の行方

君の心は闇に打ち勝った。でも身体は取り戻せなかった。だから、奪われた心が集められたこの闇の側に――心だけが取り残されたんだ。

リクの身体は、ゼアノートのハートレスに奪われた。一方、心は取り戻したので、心は闇の世界に取り残されたと。 謎の声によると、リクの身体と心は切り離されたしまった事になる。 もし、身体に魂も残っていたなら、アンセムはリクのノーバディを制御しているという事だろうか。然為れば、闇の側にいたリクはハートレスのような状況となるだろう。 身体に魂が残っていなかったなら、賢者アンセムも知らなかった新たな存在ということか。身体のみの存在も、心と魂の複合的な存在も作中では説明されていない。

だが自らの意思で心を肉体から解き放った者は? ソラとゼアノートは、ハートレスと化しても自我を保っていた。 との事だが、心から肉体を引き離されたリクはどのような存在であったのだろう。 心だけであったにせよ、心と魂が切り離されていなかったにせよ、リクは自我を保っていた。

この記事へのコメント
コメントを書く(記事に対する質問などもこちらにお願いします)
お名前:

メールアドレス:

ウェブサイトアドレス:

コメント:

認証コード: [画像の中の文字を半角で入力してください。]
認証コード
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/53811928
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。